展示室のご案内

 

21世紀に残したい浦幌町の大切な自然。昔十勝川にも
住んでいた「チョウザメ」や清流に住む「アメマス」
などの魚たち、「ミヤマクワガタ」「エゾスジグロ
シロチョウ」などの虫たち、「オオヒシクイ」
「クマゲラ」「オオルリ」「エトピリカ」といった鳥類、
そして浦幌の名前のついた花「ウラホロイチゲ」。
普段目にすることの少ない貴重な自然が当博物館のプロローグです。

浦幌町の鳥「アオサギ」。アオサギは環境に敏感な鳥
で、広葉樹林に集団営巣地(コロニー)を作ります。
春、1巣に3~5個の卵を産み、ツルなどと違い長い頚を
S字形に縮めて飛びます。
鳴き声や羽音も聞こえますので、じっくり観察してください。

日本列島の土器づくりは約12,000年前から始まり、
北海道ではそれより4,000年前ほど遅れて始まり
ました。
用途に応じてさまざまな形の土器が作られ、流行
に即していろいろな文様が生み出されました。

浦幌には新吉野地区、十勝太地区を中心に多数の
遺跡があり、北海道の考古学史上、重要な遺物が
多数出土しました。これらの出土遺物の多くは、
展示室でご覧いただけます。

春夏秋冬の浦幌町内の風景を写真で紹介しています。
また、オオワシ、クマタカ、マガモ、エゾライチョウ、アカショウビン、エゾフクロウなど町内で見ることのできる鳥たちの標本を展示しました。
また、恐竜絶滅の謎を解く鍵ともなった6600万年前のK-Pg境界層やデスモスチルス、アロデスムス、ウラホロシンカイヒバリガイ、アンモナイト化石などを紹介しています。

アイヌの生活を知るパネル展示と、装身具や生活に使われていた食器などのアイヌの伝製品、神に感謝し神々の国に返すイオマンテの送り場からの出土品などを通して、アイヌの人々の暮らしぶりなどを知ることができます。

近代の歴史を衣食住と農林鉱という産業に分けて展示
しています。
●開拓獅子舞(町指定無形文化財)
故郷を偲んで奉納された獅子舞をお囃子とともに
御鑑賞下さい。
●ビデオコーナー
鉄道の開通、浦幌大火、十勝沖地震、浦幌炭坑など「浦幌町の歴史」のほか、
「地図でたどるウラホロ」「十勝ゆかりの人々」を楽しいビデオで紹介して
います。